Event introduction

講演会のご案内

外部開放行事講演会
半澤幹一先生の 「ことばのことばかり」
※終了いたしました。

櫻友会では会員および一般の方々を対象に講演会を開催いたします。今回は、文芸学部日本語日本文学コース 半澤幹一先生による「ことば」のお話です。お誘い合わせの上、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

半澤先生からの講演内容ご紹介

 同名のコラムを月刊誌『日本語学』(明治書院)に連載していますが、仕事柄、日々ことばのことばかり考えているような気がします。授業でも学生たちに、なぜ、こんなことばや言い方があるのだろうと、いつも疑問を投げかけています。一種の病気なのかもしれませんが、ことばには計り知れない魅力があります。なにげなく普段、使っていることばに、どんな秘密が隠されているのか、アッと驚くような、楽しいあれこれをお話ししてみたいと思います。

半澤幹一先生
共立女子大学文芸学部日本語日本文学コース教授。
1954年、岩手県久慈生まれ。東北大学大学院修士課程修了。1980年、共立女子大学文芸学部に教育助手として着任。日本語日本文学研究室所属。共立アカデミー「ことば遊び塾」塾長。専門は日本語表現学。表現学会理事、向田邦子研究会代表幹事、日本広報協会アドバイザー。
著書に、『あそんで身につく日本語表現力』(偕成社、全4巻)、『表現の喩楽』(明治書院)、『向田邦子の思い込みトランプ』(新典社新書)など。